会長挨拶

尚友会会員の皆様へ ~新たな日常・ニューノーマルへ~

 会長 小山内 仁
会長 小山内 仁

 会員の皆様には、多岐にわたる分野においてご活躍のこととお慶び上げます。
この度令和2年3月をもって高埜雅之会長がご勇退され、5月の役員会(書面会議)において高埜会長のあとを受け、大役を引き受けることになりました。役員の方々はもちろん、皆様のご支援・ご協力なくしては、務まりません。どうぞよろしくお願いいたします。
 前会長の高埜雅之様におかれましては、尚友会の前身であります短大同窓会時代から永年にわたって会長という重責を背負い、現組織である尚友会組織設立に多大なる貢献をいただきました。心より感謝申し上げます。

 令和は英語でbeautiful harmony(美しい調和)といいます。しかしその雅な名前とは対照的に、令和は厳しい時代にならざるをえません。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって、世界中の人々が日常生活を制限されるなど、これまでの常識は壊されるような状況が続いています。「当たり前なこと」が「当たり前」ではなくなり、「当たり前でないこと」が「当たり前」になる。人生において、そのような「大変革」は起こるものです。今こそ「新しい常識」「新しい日常」への転換期と考えます。

 さて、昨年度大学改組20周年を終え、短大時代から変遷の中で、それぞれ時代の先輩方に尚美学園の歴史をしっかりと背負っていただきました。
 今後は若い卒業生の方々にどのような形で参画していくかを含めた、いろいろな改革を目指して同窓会運営を考え、新役員一同心を一つにして頑張っていく所存でございます。
 私たちは創立者赤松先生の建学の精神『智と愛』のもと、尚美の卒業生として誇りを持ち、尚美の揺るぎない伝統と歴史を後輩に連綿と伝えていくことが、同窓会、そして会員一人一人の責務であると思います。
 今後とも、尚美学園大学の発展と同窓会組織「尚友会」の一層の充実のため、皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げまして、会長就任にあたってのご挨拶に代えさせていただきます。

地域活性化プロジェクトについて

 本ホームページでも紹介されておりますように、尚美学園大学「尚友会」は、地域活性化プロジェクトとして地域支部の立ち上げを推進しております。現在までに5支部(北海道・東北・東京・沖縄・新潟)が設立されています。最終的には、10支部を目指しおりますが、コロナ禍の影響で、しばらくは現状の5支部体制をしっかりと維持していきたいと考えております。
 各支部役員の方々には、地域の声、またその専門分野の声を同窓会のほうに反映をしていただきたいと考えております。私もできる限り支部総会に出席して、会員の皆様のご意見を拝聴し、同窓会運営に反映させていきたいと思います。全国の地域の皆様方の益々の力強いご指導、ご協力をよろしくお願いいたします。

尚友会会長 小山内 仁